honki

 どこのギャラリーよりも、
作者にとって一番理想のカタチで、

展示をしてほしい。

 

そう考えた結果、

作品を照らすヒカリの大切さに気づき、
とにかく、照明には、とことんこだわりました。
スポットライトは、ギャラリーの為だけに

オーダーして設計、施工をしました。


現在、国立美術館などでも、

同じ構造で出来た照明が使われています。

そして、太陽の光りにより近い、

Ra92以上の灯りを1つ1つ、調光ができるので
朝の日の出から、夜に浮かぶ月のヒカリまで。
自分がイメージした作品や、

空間を作ることが出来ます。

 

また、壁も原美術館さんと同じ塗料を使い

ていねいに1つずつ、施工ました。

 

たいせつに、たいせつに.。

時間をかけて悩みながら作ってきた作品だから。


その気持ち、そのhonkiに

少しでも答えられるように設計し、施工しました。